SSブログ
前の10件 | -

すんごい久しぶり

 2020-11-28 (22).png
二ヶ月ブログ放置してしまった・・・。
気づけば今年もあと約1ヶ月。とにかく『活弁シネマ倶楽部』、結構なペースで更新しております。
僕自身は雇われMCに過ぎないわけですが、いろんなラインに広がって、いろんな方々が参加してくださり、本当嬉しいかぎり(多謝、深謝)。
なのでもうホームのリンクを貼っときます!(笑)。
https://www.youtube.com/c/katubencinema/videos

https://www.youtube.com/channel/UCyItJT2FIK8S7oLe5EPAofg

あとつい最近書いたものとしては、このあたりです!
https://realsound.jp/movie/2020/11/post-661932.html

絶賛公開中のものでは、『佐々木、イン、マイマイン』の劇場パンフレットに寄稿しております!

nice!(1) 

とっくに衣替え

 underdocs.jpg 
実に50日ばかりの放置(笑)。いまお伝えできる宣伝もろもろなんですが、
まずパンフ仕事。9月11日からシネマート新宿(東京)&シネマート心斎橋(大阪)で爆裂絶賛開催中のロック・ドキュメンタリー映画大饗宴〈UNDERDOCS〉の劇場パンフレットに総論的な文章を寄稿しております。
http://underdocs.jp/

新作4作品の目玉である傑作『ジョーン・ジェット/バッド・レピュテーション』の単独上映が決定!という朗報も、本日(9/29)情報解禁となったもようです。

あと9月25日公開の、こちらも素晴らしいロック・ドキュメンタリー映画『リアム・ギャラガー:アズ・イット・ワズ』のパンフに作品評を寄稿。
そしてグザヴィエ・ドラン監督『マティアス&マキシム』のパンフにも作品評を寄稿しております。

グザヴィエ・ドランに関しては、光栄にも宇多丸師匠&宇垣美里さんのTBSラジオ『アフター6ジャンクション』(9/22)でお話しさせていただきました!
http://radiko.jp/#!/ts/TBS/20200922183400

四半世紀前からのライムスター&宇多丸師匠の初期ファンなもので、柄にもなく緊張しました……。身近な方々からの反響も数多く、人気番組の凄さを実感しております。

『Fan’s Voice』のオンライントークでは『マティアス&マキシム』と『窮鼠はチーズの夢を見る』と併せての特別企画。行定勲監督、立田敦子さんとリモート生配信でお話させていただきました!
https://www.youtube.com/watch?v=bDlngGd2dKY&feature=youtu.be

行定勲監督には『活弁シネマ倶楽部』にもお出でいただきました。東紗友美さんもお招きし、『窮鼠はチーズの夢を見る』についてがっつりトーク!
https://www.youtube.com/watch?v=FEIoWA_dST4

さらにボーナストラック的な後編として、アフターコロナの映画状況などについても、今年の映画界の最重要キーパーソンである行定監督に語っていただきました。
https://www.youtube.com/watch?v=2Ww1YIiQaoo&t=1002s

実はその回と同じ日に撮ったのが、『人数の町』の荒木伸二監督。SYOさんもお招きし、深掘りトークが展開しております!
https://www.youtube.com/watch?v=FMv3YzyIZks&t=352s

大玉の傑作が続きます。『喜劇 愛妻物語』の足立紳監督!
https://www.youtube.com/watch?v=4Y8r1W2wIPU&t=4223s

『れいわ一揆』の原一男監督&島野千尋プロデューサー!
https://www.youtube.com/watch?v=Fnkh3JHZ_iE&t=5214s

そして「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2020」国内コンペティション長編部門の解説。プログラミング・ディレクターの長谷川敏行さん、広報の堀切健太さんにお出でいただきました! おなじみ徐昊辰さんも一緒です。
https://www.youtube.com/watch?v=H-jTRNjPYWM&t=907s

「新作おすすめランキング」も淡々と連載中!
https://www.youtube.com/watch?v=sxcT4YrO3HI&t=771s

下北沢映画祭では10/4(日)13:00のオンライントークにMC出演。引き続いて行定勲監督、そして曽我部恵一さん(ワタクシ、やはり四半世紀前からの初期ファンです!)とご一緒しております!
https://live-on.mu-mo.net/theater/serial?campaignId=149

とりあえず、こんなところで。
コロナ禍の盆休みに藤子・F・不二雄ミュージアムに出向いたのも、もう遠い(40日以上前)の夏の記憶です。
2020.8 藤子F不二雄ミュージアム.jpg
nice!(1) 

灼熱の狂宴

 EW&F.jpg
ざっと『活弁シネマ倶楽部』のお知らせ一覧。
まずは(なんと!)100回記念、大林宣彦監督特集。映画の世界遺産『海辺の映画館 キネマの玉手箱』をめぐって“大林チルドレン”代表、樋口尚文さん×長久允さんとの2時間スペシャルトークです!
https://www.youtube.com/watch?v=cnkRrCZtDXg&t=767s

そして『アルプススタンドのはしの方』。初対面となりました城定秀夫監督とがっつり。好演の平井珠生さんにも出ていただいた、こちらもスペシャルな回!
https://www.youtube.com/watch?v=CmO6vzbSV84&t=192s

よしひろまさみちさんをお迎えしての2020年上半期総決算、すなわちコロナショックの回(2時間越え)!
https://www.youtube.com/watch?v=kcRAiEgAde0&t=2034s

毎回濃厚な時間で本当嬉しいかぎりです。「新作おすすめランキング」も劇場公開カレンダーに合わせて淡々と連載中です!
https://www.youtube.com/watch?v=AcgKsseszUQ&t=16s

nice!(1) 

破格の一冊!

  PATU大島依提亜本.png
これ、本当に凄いですよ。毎日読んでも読み残しがあるカラフルな情報量! 「映画パンフは宇宙だ」PATU MOOK vol.01『大島依提亜と映画パンフ』。「創刊号」にして全力出し切ってるんじゃないか?って心配になるくらい(笑)の充実度です。
この巻末を飾る大島さん×辛島いづみさん対談にワタクシも参加――。僭越ながら進行役を務めました「伝説のトークイベント」(2018.11.23)が採録されております。

いまこの状況だから余計痛感しますが、映画館と共にある日本独自の文化が、我らの愛する映画パンフってやつで。
僕にとってはパンフこそが最も大切な「蔵書」。映画の中身は忘れても、パンフはうちに残ってますから(笑)。
詳細は以下にて。
https://pamphlet-uchuda.com/2020/07/news/patu-mook002/

というわけで絶賛公開中、『銃2020』『ドンテンタウン』の映画パンフに寄稿しております。

『活弁シネマ倶楽部』のこっそり始まりました新コーナー。「新作おすすめランキング」も劇場公開カレンダーに合わせて、粛々と(?)進めております。
https://www.youtube.com/watch?v=RMcekHlK7ug&feature=youtu.be

nice!(1) 

この20年

 00年代外国映画.jpg  00年代日本映画.jpg
『キネマ旬報』、前号(7月上旬号、No.1841)の「2000年代外国映画ベスト・テン」に「9.11以後の映画」、今号(7月下旬号、No.1842)の「2000年代日本映画ベスト・テン」に「00年代の日本映画」というコラムを共に見開きで書きました。

前号のほうではグッチーズ・フリースクールさんの快著『USムービー・ホットサンド 2010年代アメリカ映画ガイド』(フィルムアート社)の書評も書かせていただきました。
併せてこの20年(00年代+10年代)をざーっと振り返ったような形でございます。大変ありがたい機会でした。

そして『活弁シネマ倶楽部』、突然こっそり始まりました新コーナー。「新作おすすめランキング」です。いつもは映画本編の尺と同じくらい一本についてしつこく喋ってるわけですが、これはわりとラフな感じで続けていけたらと。ぜひ(気楽に)ご覧ください!
https://www.youtube.com/watch?v=eSWiU7v4G-8&t=2155s

nice!(1) 

素晴らしい映画

 はちどり.jpg
「活弁シネマ倶楽部」で『はちどり』についてレギュラーメンバーで100分語っております。
ぜひご覧ください!
https://www.youtube.com/watch?v=EA23VvAGmr0&feature=youtu.be


nice!(1) 

伝記まんが仕事

 マンガでわかるポン・ジュノ.jpg
絶賛発売中でございます『マンガでわかるポン・ジュノ』(飛鳥新社)。あとがきの「等身大の偉大な映画監督」という文章を執筆しております。子供の頃、伝記まんがで育った身としては感慨深い仕事でした(よこたとくお先生の学研まんが『ファーブル』『エジソン』『ライト兄弟』『ガリレイ』『キュリー夫人』『ベートーベン』『シューベルト』等々にものすごく影響を受けてます)!
実はこの書籍、品川亮さん(編集・作品解説)、木村重樹さん(作品解説)という『ゼロ年代+の映画』組による一冊だったりもします。作家研究本としても充実しておりますので、お買い求めいただければ嬉しいです!

『活弁シネマ倶楽部』の更新分。素晴らしいドキュメンタリー映画『島にて』の田中圭監督にたっぷりお話をうかがいました。ぜひご覧ください!
https://www.youtube.com/watch?v=5OG5Oo89Azw&feature=youtu.be

ファーブル.png
ライト兄弟.pngベートーベン.jpg
nice!(1) 

劇場公開も始まる

 『許された子どもたち』.jpg
『活弁シネマ倶楽部』の更新分。劇場でのスマッシュヒットが伝えられております『許された子どもたち』について、内藤瑛亮監督とリモートでたっぷりお話させていただきました。
https://www.youtube.com/watch?v=CpGBXyAvEls&feature=youtu.be

劇場での公開が再開しましたワン・シャオシュアイ監督の『在りし日の歌』について徐さん、月永さんとのレギュラーチームで。緊急事態宣言の前、4月3日に収録したものです。
https://www.youtube.com/watch?v=oe_YD-6b5vE&t=726s

そしてNetflixドキュメンタリー特集第2弾。SNS時代のセレブリティ等について。5月18日に収録したものですが、そのあとの色々な世の展開には本当に驚きました……。
https://www.youtube.com/watch?v=aR1cOzfC02I&t=3199s

あと祝・カンヌ!ということで、深田晃司監督『本気のしるし』の回もぜひ。
https://www.youtube.com/watch?v=_PMYlxKkXZI&feature=youtu.be

『デッド・ドント・ダイ』もようやく正式公開の運びに。それに合わせ、ジャームッシュ初期3作について「リアルサウンド映画部」に執筆しております。
https://realsound.jp/movie/2020/06/post-561073.html

nice!(1) 

少しずつ再始動

ちょっと上達.JPG
『活弁シネマ倶楽部』の更新分、諏訪敦彦監督と『風の電話』についてリモートでお話させていただきました。
https://www.youtube.com/watch?v=KFWIR_17xtU&t=97s

その『風の電話』にも出演されている三宅唱監督の日本映画専門チャンネル「いま、映画作家たちは2020」の特番も明日放送です(リピート放送あり)。
https://www.nihon-eiga.com/program/detail/nh10009024.html

あと明日、29日(金)の「朝日新聞」夕刊に『許された子どもたち』評が出ます。内藤瑛亮監督とも『活弁シネマ倶楽部』でリモートトークさせていただきました。また改めてお伝えできればと思います!

nice!(1) 

初リモートトーク

 精神0.jpg
『活弁シネマ倶楽部』の更新ぶん。初めてzoomを使いまして、想田和弘監督にインタビューさせていただきました。デジタル配信「仮設の映画館」で公開中の『精神0』について、なんと2時間越え!

https://www.youtube.com/watch?v=Q65N_rQmT14&t=339s

そのあと引き続き、同じ日に徐昊辰さんと想田和弘論をやってしまったという(笑)。「観察映画」を観察する! これまた90分越えのボリュームです。

https://www.youtube.com/watch?v=oEaw9y9FwGM&t=458s

徐さんとはNetflixオリジナルドキュメンタリーから、『アメリカン・ファクトリー』などおすすめ3選を選んでじっくり語り合っております。本企画はシリーズ化する予定。これだけ当番組でドキュメンタリーを続けて取り上げるのは初めてですかね。

https://www.youtube.com/watch?v=l2J14qbcdBM&t=2531s

さらに2月25日に収録したものなのですが、「リアルサウンド映画部」の動画でアカデミー賞を受けて想う三つのことを語らせていただいております。

前編
https://www.youtube.com/watch?v=gNDcNM15GEw&t=14s

中編
https://www.youtube.com/watch?v=OxKihfOvcH4&t=195s

後編
https://www.youtube.com/watch?v=BWimj3gjIVg




nice!(1) 
前の10件 | -