SSブログ

そろそろ年末感も

 2019 11 3 東京国際映画祭 ピーター・バラカンさんと.jpg
早11月! 去る3日(日)、東京国際映画祭に初登壇。
特別招待作品のイギリス映画『Blinded by the Light』上映後トークにて、な~~んと! 大変僭越ながらピーター・バラカンさんとご一緒させていただきました!!
記事(↓)も出していただいております!
https://www.anemo.co.jp/movienews/report/blinded-by-the-light-20191106/

http://cinefil.tokyo/_ct/17316284

言うまでもなく、こちら長年のガチファンですからね・・・。この記事でも書いていただいているように、1987年に16歳の少年だった身には「神」ですから。
楽屋でも本番でも気さくに喋っていただき、もう本当たいへん楽しく、夢うつつの時間でした。
ちなみにこの映画、英国のパキスタン少年がブルース・スプリングスティーンの音楽に感化されるっていうお話なのですが、トーク登壇時(夜10時過ぎ)の出囃子が「Born to Run」ってのが凄かったです!(笑)。

そして『活弁シネマ倶楽部』、続々更新しております。
先日の東京国際映画祭で日本映画スプラッシュ部門監督賞を受賞!(『叫び声』)。渡辺紘文監督&雄司さん兄弟、大田原愚豚舎のおふたり。
https://www.youtube.com/watch?v=cXSVu-Xmqjo&feature=youtu.be

堂々参上、瀬々敬久監督。完全版と先出し短縮版です。
https://www.youtube.com/watch?v=4nfT0fg9i8E&t=614s

https://www.youtube.com/watch?v=N4mZ-ztltZI&t=251s

『楽園』と、あの大ヒット作の比較のくだりについて紹介記事も出していただいております。
https://thetv.jp/news/detail/211006/

パンフレット仕事。大ヒット中の『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』に作品評を寄稿しております。

坪田義史監督の傑作ドキュメンタリー『だってしょうがないじゃない』パンフにも作品評を寄稿。
11月24日(日)には14:30の回上映後、ポレポレ東中野にて坪田監督とトークさせていただきます!
https://www.datte-movie.com/

http://www.mmjp.or.jp/pole2//

そして『ブルータス』映画特集号の「30人のシネマコンシェルジュ名鑑」で僭越ながらご紹介していただきました。よろしければぜひご一読を。
 ブルータス映画特集号.jpg
明日なき暴走.jpg

アズベリー・パークからの挨拶.jpg青春の叫び.jpg闇に吠える街.jpg
nice!(1) 

nice! 1