SSブログ

破格の一冊!

  PATU大島依提亜本.png
これ、本当に凄いですよ。毎日読んでも読み残しがあるカラフルな情報量! 「映画パンフは宇宙だ」PATU MOOK vol.01『大島依提亜と映画パンフ』。「創刊号」にして全力出し切ってるんじゃないか?って心配になるくらい(笑)の充実度です。
この巻末を飾る大島さん×辛島いづみさん対談にワタクシも参加――。僭越ながら進行役を務めました「伝説のトークイベント」(2018.11.23)が採録されております。

いまこの状況だから余計痛感しますが、映画館と共にある日本独自の文化が、我らの愛する映画パンフってやつで。
僕にとってはパンフこそが最も大切な「蔵書」。映画の中身は忘れても、パンフはうちに残ってますから(笑)。
詳細は以下にて。
https://pamphlet-uchuda.com/2020/07/news/patu-mook002/

というわけで絶賛公開中、『銃2020』『ドンテンタウン』の映画パンフに寄稿しております。

『活弁シネマ倶楽部』のこっそり始まりました新コーナー。「新作おすすめランキング」も劇場公開カレンダーに合わせて、粛々と(?)進めております。
https://www.youtube.com/watch?v=RMcekHlK7ug&feature=youtu.be

nice!(1)