So-net無料ブログ作成

90年代が過ぎて20年

 キネ旬1990年代特集.jpg ナンバーガール復活.jpg
早9月! ほんと早いな。実は近いうちに引っ越しも考えているので、バタバタしてる間に今年も終わりそうです。

そんな中で去る8月22日(木)、めでたく48歳に成り果てたんですが、
誕生日の翌日になんと「良性発作性頭位性めまい」とやらに襲われまして、ちょっと昼寝したあとに起きようと思ったら、目の前の世界がぐるぐるぐるぐる……。
まさに無料アトラクション状態。全然嬉しくないですが(笑)。実は今もまだ回っておりまして、本質的にたいした症状ではないのですが、単純に疲労が溜まるとぐるぐるが酷くなり、健康だと収まっているというわかりやすい感じ。
ひとつ年を重ねた瞬間、ますます安静に暮らせというサインを自分のカラダからいただいたという次第です。引っ越し大丈夫かな?

ただ意識のうえではいま仕事が非常に楽しくてですね(というか今は完全に楽しい仕事しか引き受けていない)、なんとかカラダもそのイメージについていって欲しいんですけども。

ここで宣伝諸々。
発売中の「キネマ旬報」、1990年代外国映画ベスト・テン大特集で、大久保清朗さん、金原由佳さんと鼎談させていただきました。構成は熊坂多恵さん。
座談会収録は8月17日(土)で、めまい事件より一週間ほど前。まだ体調バリバリ良かったんですけどね。大久保さんとはこの時が初対面。とても楽しい時間で、現場ではお題に関係ないこともだいぶ喋ってます(笑)。記事も面白い内容になっていると思いますので、ぜひご一読いただければと。

「めまい以降」では、8月27日(火)にBunkamuraル・シネマで『カーライル ニューヨークが恋したホテル』トーク。菊地成孔さんとご一緒させていただきました。この時は体調も復活してまして、実に愉快な夜でした。レポートもたくさん出していただいております。

https://eiga.com/news/20190828/11/

http://enterjam.com/?p=237835

そして本日、9月6日(金)はいよいよ『タロウのバカ』の初日。
大森立嗣監督&主演のYOSHIさんの舞台挨拶&ティーチイン、そのMC役ということで、19:30の回上映後、21:30頃にテアトル新宿に登壇いたします。ぜひお越しいただければと!
同作のパンフレットでは、大森監督インタビュー、YOSHIさんインタビューを担当しております。

また9月8日(日)、新宿K’s cinemaにて『無限ファンデーション』12:00の回の上映後、大崎章監督とトークさせていただきます。

大崎監督とは「活弁シネマ倶楽部」でもがっつりお話させていただきました!

https://www.youtube.com/watch?v=Rq150dqc2mE

その「活弁シネマ倶楽部」、続々更新しております。
いろいろご好評いただいている安里麻里監督の回。

https://www.youtube.com/watch?v=RL2ZZIug30E

『メランコリック』の期待の新鋭、田中征爾監督の回。

https://www.youtube.com/watch?v=SdMc5cbdzIo

同番組プロデューサーの映画ジャーナリスト、徐昊辰さんとのシリーズ。

https://www.youtube.com/watch?v=jLOH9BOaVQA

https://www.youtube.com/watch?v=M9wedhHaewE

実は昨日も収録やってきました。毎度ディープなことになっております。引き続きどうぞよろしくお願いいたします!



nice!(1)